美濃焼窯元 不動窯

トップページ > 焼き物について:美濃焼の歴史

美濃焼の歴史

伝統ある『美濃焼』

美濃焼の歴史は古く、1300年以上さかのぼります。
初めは朝鮮から技術が伝わり、須恵器を焼いていました。

【平安時代】およそ1150年前

平安時代になると、須恵器から灰釉を刷毛塗りした白瓷(しらし)というやきものが焼かれるようになり、北海道を除く全国で使用されていました。

【鎌倉・室町時代】およそ450~800年前

平安時代の終わりから、灰釉を塗ったものから無釉のやきものがつくられました。大量に焼かれたため、 一般の人も使用していました。山にある窯跡に茶碗の破片がたくさん散らばっていたことから、「山茶碗=山にある茶碗」と呼ばれるようになりました。

【室町後期~桃山時代】およそ400~500年前

500年ぐらい前になると、灰釉・鉄釉・銅緑釉などが焼かれるようになり、400年ぐらい前からは「黄瀬戸」・「瀬戸黒」・「志野」など現在も美濃焼を代表する桃山陶器が焼かれました。

1610年頃になると、従来の窯から山の斜面を利用した階段式の連房式登窯が築かれ、武将であり茶人でもあった古田織部の好みのやきものが効率よく焼かれるようになりました。
※「織部」については下記ご参照ください。

【鎌倉・室町時代】およそ450~800年前

日常生活に使われる食器が大量生産されるようになり、幕末には白くて硬い磁器も焼き始められ、その後、生産性も上がり全国に流通するようになりました。
今では、全国の和食器の70%を生産しています。

※「織部」について

美濃出身の茶人 古田織部の好みというところから、織部の名称で呼ばれていますが、実際は、釉薬・施文・胎土の違いで、青織部・黒織部・志野織部・鳴海織部・赤織部・総織部・美濃伊賀・美濃唐津などに区別さます。
現在、織部と呼ばれるものは、いわゆる「青織部」や「総織部」を指しています。


© 2008 Fudogama All Rights reserved.